手汗を止めるツボと効果的な押し方

手汗ってどんな時にかきますか?おそらく、プレゼン等多数の人の前に立つ時や面接など緊張・興奮するような場面ではないでしょうか。また、体温が高まった時などにも手汗をかく事でしょう。

 

汗をかけば、ハンカチ・タオルで拭けば良いよね、と思うかもしれません。しかし、「汗をかく行為」そして「汗を拭く行為」は、相手に「自信が無い」又は「落ち着きが無い」と誤解されてしまう可能性が有ります。

 

日常的な場面なら良いのですが、ここぞと言う場面では「手汗」はなるべくかきたくないものです。そのため、前持って「手汗」を止める準備をしておいた方が良いでしょう。

 

そこで、手汗を止めるのに効果的とされている【ツボ】について紹介したいと思います。

 

気持ちをリラックスさせる効果の有るツボ・その押し方

 

手汗の原因が「緊張」や「興奮」など精神的な理由で有る場合には、以下のような「ツボ」が手汗を止めるのに効果を発揮します。

 

リラックス効果が有る「老宮」

老宮のツボが有る位置は、手のひらをグーに握った時に中指の爪が刺さる部分に有ります。この老宮を押す事で、緊張が和らいでリラックスする事が出来ます。

 

ツボの押し方は、親指で少し痛みを感じる程度の強さで、5秒ほど押します。これを左右の手で5セットほど交互に繰り返してみましょう。

 

気持ちを落ち着かせる効果が有る「神門」

神門のツボが有る位置は、手のひらを自分の方に向け、小指から真下に下りていき、手首(シワが有る部分)の辺りに有るコリコリとした骨のすぐ横(親指側)の窪みの部分に有ります。

 

ツボの押し方は、痛みを感じるほど強く押す必要はなく、軽く刺激を与える程度で左右の手のツボを20〜30回ほど押して下さい。

 

不安解消に「合谷」

合谷のツボの位置は、手の甲の親指と人差し指の骨の合流地点の間の人差し指側に有ります。

 

ツボの押し方は、3〜5秒間ほど円を描くように押して下さい。左右5セットほど押すと良いでしょう。

 

体温を下げる効果の有るツボ・その押し方

体温の上昇によって手汗をかいてしまう人は、以下のツボが効果的です。ツボを押す事で血流を良くして熱を分散させて体温を下げる効果が有ります。

 

体温を下げる「復溜」

復溜のツボの位置は、「内くるぶし」と「アキレス腱」の真ん中から4cmほど上に有ります。

 

押し方は指でマッサージするように押して下さい。

 

 

以上、手汗を止める「ツボ」を紹介しました。手汗をかいてしまう人は、何か事に当たる前に今回紹介した「ツボ」を押してみて下さいね。

 

指でツボを押すだけでなく、お灸などを利用しても効果は有ります。

ランキング1位