手汗を止める手術方法と相場

手汗を止める方法は、制汗剤などいくつか考えられますが、最終手段として「手術」という選択も有ります。

 

手汗の手術に要する時間は短く、お手軽感が有りますが、費用は手汗対策の中ではボトックス注射に次いで高額な金額となります。また、術後の副作用も有るので「単純に手術を受ければ良い」という物では有りません。

 

手汗を止める手術方法で一般的なのがETS手術

手汗を止めるための手術方法は、内視鏡手術(ETS手術)が一般的です。内視鏡手術とは、脇の下の部分を2〜4ミリ切開して、そこから先端にカメラの付いた細い管を入れて、背中に有る「交感神経」を切断(焼却・クリップ)する手術方法です。

 

両手の汗を止める為には、左右両方の脇から交感神経を切断する必要が有ります。

 

交感神経には低位(Th4)・高位(Th2・3)の違いが有り、手汗を止めるには低位の交感神経を切断する事になります。なお、高位の交感神経を切断した場合は、手に加えて顔や頭などの汗も止まる事になります。

 

手術に要する時間は、片側5分(両方で10分)と短時間で済みます(麻酔等の準備などを含めるともう少し時間(20分程度)が掛かります)。手術時間も短く、切開部分も小さいので、手術自体が体に与える負担が少ないのがこの手術の良い所です。また、手汗が再発する可能性も数%程度なので、手汗をなんとかしたい人にとっては良い方法かもしれません。

 

しかし、術後には必ず副作用が発生するようなので、良い事ばかりでは有りません。

 

代償性発汗などの副作用について

手汗を止める為にETS手術を受けた場合、「代償性発汗」という副作用が必ず起こります。代償性発汗とは、本来汗をかいていた体の部位の発汗を止める事によって、そこ以外の体の部位(胸・背中・ふとももなど)からの発汗が手術前よりも多くなってしまう症状を言います。

 

気になっていた部分の汗は止まるものの、代償性発汗によりその他の部分の汗が気になってしまう事になる可能性が有ります。(個人差が有るので、人によってはひどい代償性発汗が起こらない事も有りますが少数派です。)

 

その他にも眼瞼下垂(まぶたが下がる)というホルネル症候群になる恐れが有ります。低位の交感神経を切断する手術の場合には、この症状が発症する可能性は低いようです。

 

手汗の手術にはこういった副作用が有る事もしっかりと理解しておいた方が良いでしょう。もし、手術を受けるのなら、副作用のリスクをしっかりと説明してくれるクリニックなどを選ぶようにして下さい。

手汗手術の相場

ETS手術の相場はおよそ10万円前後です(保険適用後)。

 

副作用を考えて片方ずつ手術を受けた場合には、2倍の費用が掛かってしまうので、費用と副作用について熟慮する必要が有ります。

ランキング1位