手汗と水泡の関係性

手の平や指、たまに足に出来る1mmほどのプツプツした水泡を見て「ギョッ」とした人もいるのではないでしょうか?この水泡は「汗疱(かんぽう)」の症状です。汗疱の状態では見た目以外に特に症状は有りませんが、水泡が破れ湿疹化すると「汗疱状湿疹」となり、ひどい痒みなどを伴います。

 

手汗をかく人が汗疱の症状を発症しやすい事から、汗がなんらかの関係をしていると考えられていますが、今現在の所、詳細な原因は解明されていません。

 

手汗をかくと出来る水泡は汗疱(状湿疹)

汗疱や汗疱状湿疹の症状は冒頭で書いた通りです。これらの症状は、春から夏にかけて悪化して、秋頃から軽快していきます。高温多湿な時期に発症しやすいのが汗疱(状湿疹)の特徴です。

 

明確な原因は分かっていないものの、汗も高温多湿な時期にかきやすい事から、原因の1つとして考えられています。その他に考えられる原因は、ストレスや金属アレルギー、洗剤等による刺激などです。

 

汗疱状湿疹を発症した場合は、痒みなどの症状は数日では治まらないので、早めに皮膚科に行って診察を受けて下さい。抗炎症剤の薬を塗る事で、1週間以内には痒みが取れるかと思います。ただし、原因が解明されていないので、完全に治療する方法も見つかっていません。なので、翌年の春頃に再発する可能性が有ります。

 

予防策としては、汗がなんらかの関係が有ると考えられるので、手洗いを小まめに行う事が考えられます。

 

【参考】腕などに出来る水泡

運動をしている人は経験が有るかもしれませんが、夏場などに腕などに水泡が出来る事が有ります。この水泡は特に痒みも伴いません。

 

夏場に腕に出来る水泡は、日焼けによって剥ける前の「古い肌」と「新しい肌」の間に汗が溜まり出来る物です。潰してしまっても中から汗が出てくるだけで、古い肌が剥がれると綺麗に跡も無くなります。

 

もし、痒みや痛みなどが有る場合は、潰さずに皮膚科で診て貰って下さい。

ランキング1位