手汗を抑える呼吸法

手汗の原因は、「焦り」や「緊張」などによって交換神経が刺激される事に有ります。また、手汗を止めようと考えれば考えるほど、焦りからさらに手汗が出る「負のスパイラル」に陥ってしまいます。

 

そのため、手汗を抑えるには、交感神経が優位な状態から副交換神経が優位な状態に持って行く必要が有ります。

 

交換神経は活動している時や緊張時に活発になる自律神経です。一方、副交換神経は、睡眠中やリラックスしている時に活発になる自律神経です。

 

で、副交感神経を優位に持って行く簡単な方法が「腹式呼吸」です。呼吸法をしっかり身に付ける事で、自ら「緊張」と「リラックス」を切り替える事が出来るようになります。

 

呼吸法と自律神経の関係

あなたは意識して「呼吸」をしていますか?違いますよね。人間は生きている限り無意識に呼吸を行っています。では、なぜ「無意識」に呼吸をする事が出来るのか?それは「自律神経」が作用しているからです。

 

こういった文章を読むと、意識的に呼吸してしまいがちですが、ズバリ「意識的」に呼吸をする事も出来る点が手汗を抑える事に繋がるんですね。つまり、手汗を止めようと頭の中で考えてもうまくいきませんが、呼吸は自分でコントロールする事が出来るのがポイントとなります。

 

では、交換神経が優位な状態つまり興奮時や緊張時には、どのような呼吸になっているでしょうか?自然と1呼吸の間隔が短く、浅い呼吸になっているはずです。(全力で走った後をイメージして貰えばよいです。)

 

逆に言うと、副交感神経を優位にさせてリラックスするには、呼吸の間隔を長く、そして深くすれば良いわけです。

 

精神的にリラックス出来れば、焦り・興奮が原因による手汗を抑える事が出来ます。そして、「長く・深い」呼吸をより効果的にする呼吸法が「腹式呼吸」です。

 

それでは、腹式呼吸の方法について説明したいと思います。

 

腹式呼吸の方法

まず、腹式呼吸においての器官の使い方は「息を吐くのが口」「息を吸うのが鼻」です。

 

息を吐くのに「鼻」を使っても良いですが、慣れていない人にとっては鼻で息をいっぱい吐くのは難しいかと思います。また、腹式呼吸で一番重要な事が「息を吐き切る事」なので、息を吐く際は「口」を使った方が良いでしょう。

 

なぜ「息を吐き切る事」が重要なのか?それは、息を深く吸うには、吸った空気を全部吐き出す必要が有るからです。

 

一方、息を吸う時に「口」を使わない方が良い理由は、諸説有りますが、口内・喉の乾燥や細菌の侵入、口呼吸では判断力が低下するからなどと言われています。

 

前置きが長くなってしまいましたね。腹式呼吸の方法についてですが、さきほども言ったように、深く息を吸うには息を吐き切る事が大切なので、まず「吐く事」から始めます。

 

肺に有る空気をゆっくりと出し切って下さい。その時に腹筋を使って、お腹を凹ますようにします。

 

そして、息を吐き切ったら、鼻からゆっくり吸い込みます。普段口呼吸をしている人は、おそらく最初は無意識に口から息を吸い込もうとするはずです(普段の呼吸も意識して直していきましょう)。で、息を吸い込む時には、お腹が膨らんでいる事を意識して下さい。

 

以上のような息を「吐く・吸う」が1セットとなります。これを10セットほど繰り返す事で、副交感神経が優位な状態になって、リラックスした状態になるでしょう。緊張や焦りで手汗が出始めたら、腹式呼吸をして手汗を抑えてくださいね。

 

また、睡眠前に行う事で体をゆっくり休ませる事にも有効ですよ。

ランキング1位