手汗対策に塩化アルミニウムは有効か?使い方も紹介

塩化アルミニウムは、制汗剤の成分としても利用されているので、手汗対策の効果は期待出来るかと思います。

 

塩化アルミニウムは固形物なので、精製水(水道水は不純物が混ざっているので良く有りません)で20%以下の濃度の塩化アルミニウム水溶液にして使用します。大きな薬局などでは、塩化アルミニウム水溶液自体を購入する事が出来ます。

 

実際に塩化アルミニウムを購入しても「使い方」がわからない人もいるかと思いますので、使い方や注意点についても紹介したいと思います。

 

手汗に塩化アルミニウムは有効?

塩化アルミニウムには、「汗腺を変性(閉塞)させる効果」と「殺菌効果」が有ります。手汗対策には、汗腺の変性効果が有効になります。手に塗る事で、手に有る汗腺を閉塞させて手汗を抑えるわけです。

 

殺菌効果はわきが対策に有効だとされています。

 

塩化アルミニウムの効果は、残念ながら一時的な物です。一度塗ったからといって継続的に作用してくれるわけでは有りません。そのため、継続的に使用する必要が有ります。

 

それでは、塩化アルミニウムの使い方について見ていきましょう。

 

塩化アルミニウムの使い方

塩化アルミニウムの基本的な使い方は【就寝前に手に塗って朝起きた時に洗い流す。】これだけです。

 

「就寝前」がポイントです。なぜなら、人間の体は、寝る前そして就寝中は副交感神経が優位な状態になっていて、発汗量は少なくなります。そのため、塩化アルミニウムが汗腺の中に浸透しやすく、また汗で塩化アルミニウムが流れ落ちる事を防ぐ事が出来ます。

 

最初は、毎晩塩化アルミニウムを手に塗り、そして手汗が少なくなってきたら1週間に1・2回のように使用頻度を少なくしていきましょう。

 

就寝中も手汗が多い人は、布手袋に塩化アルミニウムを染み込ませて、その上からゴム手袋などで密封状態を作ります。輪ゴムなどで手袋の手首部分をとめると、寝ている時に外れてしまう事を防げます。

 

使用上の注意

塩化アルミニウムには、汗腺を変性させる効果が有る事は既に紹介しました。「汗腺を変性させる」というのは、汗腺周辺が塩化アルミニウムによって炎症を起こして、汗腺が閉塞する事を意味します。つまり、体の組織を変化させてしまうほど、刺激の強い薬品という事です。

 

そのため、使用する上では注意が必要です。

 

かゆみや発疹、ひりひりした痛みが生じる場合には、すぐに洗い流して使用は控えるようにして下さい。こういった症状に不安を抱く人は、塩化アルミニウムの濃度を薄くして(5%や10%など)使用するようにしましょう。

 

また、長時間の使用は肌トラブルの原因にもなります。そのため、必ず朝起きた時には洗い流すようにして下さい。

 

最後に、塩化アルミニウムは日光に当たると劣化する性質が有ります。劣化すると期待している効果を得る事が出来にくくなります。そのため、保存するビンを遮光ビン(薬品が入っている茶色のビン)にするか、日光の当たらない暗い場所で保管するようにしましょう。

ランキング1位